「だんだん毛が濃くなってる…」ムダ毛を強くしてしまうNGなコト

- 「だんだん毛が濃くなってる…」ムダ毛を強くしてしまうNGなコト

「だんだん毛が濃くなってる…」ムダ毛を強くしてしまうNGなコト

歳を重ねていくにつれて、ムダ毛が濃くなっていませんか?
チクチクが増したり、前はすぐ終わっていた自己処理もいつのまにか時間がかかるようになったり…

実は、そのワケは「日常の生活の中」に潜んでいるんです。
もしかしたら、知らないうちに剛毛への階段をのぼっているかも…

ムダ毛を濃くしてしまう原因をチェックしてみましょう!

夜型はムダ毛を育てる?「女性のホルモンバランスの乱れ」

ダイエットや寝不足、運動不足などでの自律神経が乱れは、女性ホルモンが出づらくなる元。
また、思春期・妊娠時・更年期と女性の身体の変化にともなってホルモンのバランスも崩れがちに。
女性ホルモンが減ると、男性ホルモンの分泌が増え、その影響で体毛が濃くなってしまうのです。

働く女性の思わぬ落とし穴!「外部的・内部的ストレス」

ホルモンバランスの乱れを起こすのは「ストレス」も大きな要因。
ストレスには2種類あり、そのどちらにも注意が必要です。

外部的

季節の変わり目、オフィスと外との気温差で身体に負担がかかることでうまれるストレス。

内部的

仕事の悩みや自身のコンプレックスなど、精神的な負担がかかることでうまれるストレス。

逆剃り、深剃りはお肌の刺激に…「自己処理による過度なダメージ」

基本的には、ただムダ毛を処理するだけでは濃くなりません。
ただ、お肌にダメージを与える自己処理を頻繁に続けていると、身体の防衛本能で毛が濃く生えてしまうことも。
お肌にカミソリを押し当てる深剃り、毛の流れに逆らって処理する逆剃りはお肌を傷つける大きな原因です。

お肌を傷つけない自己処理としては、「2週間に1回、毛の流れに沿って優しく処理する」のがベスト。
しかし、3~4日も経てばチクチク生え出して見た目も悪くなってしまいます。
それが嫌でまた深剃りをしてしまう…といった悪循環がうまれてしまうのはよくあること。

ムダ毛が濃くなるのを防ぎながら処理したいなら断然、フラッシュ脱毛。
自己処理と違い、お肌に負担をかけることなく毛根にダメージを与えられるので、徐々にムダ毛が薄くなっていくのを実感できます。

ホルモンバランスは日常生活の見直しが必要ですが、ムダ毛によるコンプレックスやお肌ストレスは脱毛で軽減することができます。
自己処理によるNG習慣は、キレイモで改善しましょう!